関西の中心地で店を開く|会社売却して大きな会社と生まれ変わる|売却のメリット

会社売却して大きな会社と生まれ変わる|売却のメリット

関西の中心地で店を開く

店舗

業種で店舗の広さを決める

大阪でお店を開業する時は環状線の内側にするか外側にするかを決めます。内側にはたくさんの繁華街があるので、貸店舗の賃料も高くなります。貸店舗は広さによって賃料も変わってきますから、狭い店舗でも営業できる商売なら繁華街を選んだ方が集客が期待できます。例えば寿司店なら3畳程度の広さでも十分に採算が合います。テレビなどの特集でも狭い店の特集などをやっていますが、狭さが評判になってお客がやってくるのです。大阪は食い道楽の街ですから、店の広さよりも味で勝負ができます。繁華街がふさわしくない商売もあります。例えば美容室です。環状線の外側の住宅街があるエリアの方が集客できます。椅子や器具を入れるのである程度の広さの貸店舗が必要です。新規開業する場合は商売の内容によって貸店舗を探すのがポイントです。

居抜き物件を探しやすい街

大阪の繁華街で貸店舗を探すとなると賃料が高いので最初から敬遠する人がいます。しかし繁華街のエリアで長年営業している不動産屋を足繁く訪ねると、思わぬ好物件が見つかる場合があります。廃業する店舗には色々な事情があります。事情によっては格安の値段がついていることがあるのです。繁華街に根付いた不動産にはそのような貸店舗情報がたくさん集まってきます。諦めないで根気よく不動産周りをすれば、良い物件に巡り会うことができます。また大阪で商売をするなら居抜き物件をターゲットにするのも良い方法です。大阪の商店街の特徴として大きな店もあれば、小さな店もあることです。また浮き沈みがハッキリしているので、店じまいする店舗も多いです。条件の良い居抜き物件を見つけやすいのが大阪です。